会員規約

 

ご利用ガイド > 規約等 > NTJメンバー規約

NTJメンバー規約

【NTJメンバー規約】

第1条(本規約の範囲及び変更)

  1. 本規約は、独立行政法人日本芸術文化振興会(以下「当振興会」といいます)がインターネットで提供する各種サービスのうち「会員登録制サービス」(以下「本サービス」といいます。)の利用に際し、当振興会及びNTJメンバー(インターネット会員)(以下「会員」といいます)に適用されるものとします。
  2. 本規約は、個別規定とともにインターネットサービス利用規約(以下「サービス利用規約」といいます)の一部を構成します。
  3. 入会契約の成立後、会員は誠実に本規約を遵守する義務を負うものとします。
  4. 当振興会は、合理的な範囲・方法により、会員の格別の承諾を得ることなく本規約を変更でき、会員は予めこれを承諾するものとします。

第2条(入会契約の申し込み)

  1. 本サービスへの入会を希望する人(以下「入会希望者」といいます)は、インターネットで提供されるサービス利用規約、及び本規約を承諾した上で、所定の手続に従って、本人自身で入会契約締結を申し込むものとします。
  2. 入会希望者が未成年者である場合、入会希望者は、本サービスに入会すること及び本サービスを利用することについて、親権者の事前の同意を得るものとします。
  3. 決済手段としてクレジットカードを指定した場合は、クレジットカードの会員規約に従うものとし、当該クレジットカード会社にて認証確認が行なわれることについて、予め同意したものとします。

第3条(入会契約の成立)

  1. 入会希望者が、第2条に規定する入会契約の申し込みを行い、これに対して当振興会が承諾した時点をもって、入会契約が成立したものとします。
  2. 当振興会は、入会希望者が以下の項目に該当する場合、当該入会契約の申し込みを承諾しない場合があります。
  3. (1) 入会希望者が既に会員になっている場合。

    (2) 入会希望者が、過去において、本規約違反等により会員資格の取消等の処分を受けたことがある場合。

    (3) 申し込み内容に虚偽、誤記又は記入漏れがあった場合。

    (4) 未成年者である入会希望者が親権者の同意を得ていない場合。

    (5) その他、合理的な事由により、当振興会が入会契約の締結を不適当と判断する場合。

第4条(連絡事項)

  1. 本規約の変更の通知、その他当振興会から会員への通知は、電子メール、「日本芸術文化振興会ホームページ」及び「国立劇場チケットセンターホームページ」上の掲示、その他当振興会が適当と認める方法により行われるものとします。
  2. 前項の通知が電子メールで行われる場合、当振興会は、会員が予め届け出た電子メールアドレス宛に発信し、会員の電子メールアドレスを保有するサーバーに到着したことをもって、会員への通知が完了したものとみなします。会員は、当振興会が電子メールで発信した通知を、遅滞なく閲覧する義務を負うものとします。

第5条(遵守事項)

 

会員は、本規約、サービス利用規約及び個別規定を遵守するものとします。

第6条(登録内容の変更)

  1. 会員は、入会契約の申し込みにおいて届け出た内容に変更があった場合には、速やかに所定の方法により当該変更の届出を当振興会に対して行うものとします。
  2. 会員は、前項の届出を怠ったことにより、当振興会からの通知又は物品の送付が不到達となっても、通常到達すべきときに到達したとみなされることを予め異議なく承認するものとします。
  3. 第1項の届出を怠ったことによる会員の損害について、当振興会は一切の責任を負いません。また、会員が前記届出を怠ったことにより当振興会その他の第三者が被った損害について、会員は全ての責任を負うものとします。

第7条(退会)

  1. 会員からの申し出の無い限り、会員有効期限は無期限とします。
  2. 会員が退会を希望する場合には、所定の方法により会員自ら退会の届出を当振興会に対して行うものとします。その際、当該会員は当振興会に対する債務の全額を直ちに支払うものとします。
  3. 当振興会は、理由の如何を問わず、既に支払われた料金等の払戻義務を一切負わないものとします。
  4. 当振興会は、会員からの退会の届出を受領してから1年間は会員の個人情報、利用履歴を保有し管理するものとします。

第8条(会員資格の停止・取消)

  1. 会員が以下の項目に該当する場合、当振興会は、事前に通知することなく、直ちに当該会員の会員資格を停止又は取り消すことができるものとします。また、会員資格が取り消された場合、当該会員は、当振興会に対する債務の全額を直ちに支払うものとします。また、当振興会は、理由の如何を問わず、既に支払われた料金等の払戻義務を一切負わないものとします。
  2. (1) 入会申し込みにおいて、虚偽の申告を行ったことが判明した場合。

    (2) サービス利用規約第5条で禁止している事項に該当する行為を行った場合。

    (3) 料金等の支払債務の履行遅滞又は履行不能が発生した場合。

    (4) 手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害した場合。

    (5) 一個人が会員登録を多重にしていると当振興会がみなした場合。

    (6) 営利を目的として、購入もしくは譲り受けたチケットを第三者に販売ないし譲渡した場合。

    (7) 本規約に違反した場合。

    (8) その他、合理的な事由により会員として不適切と当振興会が判断した場合。


  3. 会員が前項各号に該当する場合、当該会員は当該行為により当振興会その他の第三者が被った損害を賠償する責めを負うものとします。

第9条(利用前の準備)

 

会員は、自己の責任と負担において、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、電話利用契約及びインターネット接続契約等を準備するものとします。

第10条(ID及びパスワードの管理)

  1. 会員は、ログインID及びパスワードの管理責任を負うものとします。
  2. 会員は、当振興会指定のウェブサイトから、NTJメンバーのログインID及びパスワードを用いて本サービスを利用することができます。
  3. 当振興会は、入力されたID及びパスワードをもって、会員の本人確認を行います。ID及びパスワードが登録されたものと一致することを当振興会が確認した場合、会員本人による利用であるとみなします。
  4. ログインID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は、会員が負うものとし、当振興会は一切の責任を負いません。
  5. 会員は、ログインID及びパスワードが盗まれたり、第三者に使用されていることを知った場合には、直ちに当振興会にその旨を連絡するとともに、当振興会からの指示がある場合には、これに従うものとします。

第11条 (会員情報の利用)

  1. 当振興会は、会員が入会契約の申し込みを行った際に知り得た情報、又は会員が本サービスを利用する過程において知り得た情報に関し、以下の項目に該当する場合を除き、正当な理由なく第三者に対して開示しないものとします。
  2. (1) 会員が、個人情報(会員の氏名、住所、電話番号、生年月日、電子メールのアドレス等)の開示について同意している場合。

    (2) 当振興会が、本サービスの利用動向を把握する目的で収集した統計情報を、会員の特定ができない形式に加工して開示する場合。

    (3) 本サービスにより購入したチケットを用いて会場に入場する際の本人確認のため、チケット購入者及びチケット利用者の情報を使用する場合。

    (4) 本サービスにてチケットを購入した会員やチケット利用者に対して、公演中止・延期・内容変更等の連絡や、それに伴う払い戻し業務を行なうため、チケット購入者及びチケット利用者の個人情報の一部(氏名、住所、電話番号、電子メールのアドレスなど)を使用する場合。

    (5) 法令により開示が認められている場合。

    (6) 法令により開示が求められた場合。

    (7) 犯罪捜査のために警察等の公的機関から要求された場合。

    (8) その他、本サービスの運営上必要な場合。


  3. 会員は、その個人情報を利用して当振興会がダイレクトメールその他の手段により営業活動を行うことを予め承諾するものとします。

第12条(管轄裁判所)

  1. 本サービスに関連して、会員と当振興会との間で紛争が生じた場合には、当事者間において誠意をもって解決するものとします。
  2. 協議をしても解決しない場合、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第13条(附則)

本規約は2007年5月20日(10時)より発効するものとします。

2014年3月31日(10時)一部改正、同日実施

こちらの項目もご覧ください。

↑ページのトップへ