ご利用ガイド

 

ご利用ガイド > 規約等 > インターネットサービス利用規約

インターネットサービス利用規約

【インターネットサービス利用規約】

独立行政法人日本芸術文化振興会(以下「当振興会」といいます)は、当振興会が運営するインターネットチケット販売サイト(以下「本サイト」といいます)の利用について、以下のとおり「利用規約」(以下「本規約」といいます)を定めます。

第1条(定義)

  1. 本規約は、本サイトにおいて提供する、各種チケットの販売サービス又は会員登録制サービス (以下「本サービス」といいます)を利用されるお客様(以下「お客様」といいます)及び当振興会に適用されます。
    本サービスを利用した場合は、お客様が本規約に同意したものとみなされます。
  2. お客様は、本サービスのご利用に際し、本規約のほか、本規約の下位規約ならびにお客様があぜくら会及び文楽劇場友の会会員である場合には、あぜくら会及び文楽劇場友の会会員規約(以下総称して「本規約等」といいます)を遵守するものとします。
  3. 未成年者が本サービスを利用する場合、都度事前に親権者の同意を得るものとします。

第2条(本規約の適用範囲及び変更)

  1. 本規約の本文の他に、規定されている個別規定も、本規約の一部を構成します。
    また、本規約と個別規定が異なる場合には、個別規定の定めが優先されるものとします。
  2. 当振興会は、お客様に対して事前の通知をすることなく本規約及び個別規定の全部又は一部を変更することがありますので、 チケット予約申し込みの際は必ず本規約及び個別規定をご確認ください。内容変更後は、変更後の内容のみ有効とさせていただきます。
  3. 当振興会は、本サービスの運営又は技術上、そのシステムや内容の変更が必要であると判断した場合、お客様に対し事前に通知することなく、本サービスのシステム又はその内容に変更を行うことがあります。

第3条(利用環境)

  1. お客様は、本サイトにおけるチケット購入サービス及び各サービスを受けるために必要となる適切な機器・ソフトウェア等(以下「ユーザー設備等」といいます)を自らの責任と負担において設置し使用するものとします。
  2. お客様は、本サイトにおけるチケット購入サービス及び各サービス利用に関する一切の通信料、接続料等を、自らの責任において負担するものとします。
  3. ユーザー設備等の不備、設定ミス、不適合等により、チケット購入サービス又は各サービスの機能が正しく作動しない場合、及びそれがもたらす諸影響に関して、当振興会は一切の責任を負いません。
  4. お客様は、携帯端末でのご利用の場合、携帯端末の新規発売機種等、端末によっては本サービスのご利用に対応するまで時間がかかる場合や対応できない場合があることを予め了承するものとします。
  5. お客様は、当振興会のドメイン(ntj.jac.go.jp)からの電子メールを常に受信できるよう設定するものとします。当振興会は、当振興会からの電子メールを一度でも受信拒否したお客様に対し、その後の電子メールでの連絡を控えることがあります。なお、受信拒否を解除したお客様は、その旨を速やかに当振興会に届け出るものとします。

第4条(本サービスの中断又は中止)

  1. 当振興会は、以下のいずれかに該当する場合、本サービスの運用の全部又は一部を中断・中止することができるものとします。

    (1) 本サービスのシステムの定時又は緊急の保守・点検を行う場合。

    (2) 当振興会が設置又は管理する設備の異常、故障、障害その他本サービスをお客様に提供できない事由が生じた場合。

    (3) 戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電、輸送手段の混乱、その他当振興会の責めによらない事由により、本サービスの提供ができなくなった場合。

    (4) その他、当振興会が本サービスの運営上必要と判断した場合。

  2. 当振興会は、理由の如何を問わず、本サービスの提供の中断又は中止によって生じたお客様の損害につき、一切責任を負わないものとします。

第5条(禁止事項)

  1. お客様は、本サービスのご利用にあたって、以下の行為を行ってはならないものとします。

    (1) 本サービスの他の利用者、第三者又は当振興会の著作権、財産権、名誉、プライバシー、ノウハウもしくはその他の権利を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。

    (2) 前号の他、他の利用者、第三者又は当振興会に不利益もしくは損害を与える行為、及び与えるおそれのある行為。

    (3) 公序良俗に反する行為、もしくはそのおそれのある行為、又は公序良俗に反する情報を本サービスの他の利用者もしくは第三者に提供する行為。

    (4) 犯罪的行為、もしくは犯罪的行為に結び付く行為、又はそのおそれのある行為。

    (5) 政治、宗教、性風俗に関する行為。

    (6) 本サービスを利用した営業行為、営利を目的とする行為、又はその準備を目的とした行為。

    (7) コンピューターウィルス等の有害なプログラムを、本サービスを通じて、又は本サービスに関連して使用する行為、もしくは提供する行為。

    (8) ログインID又はパスワード、暗証番号を不正に使用する行為。

    (9) 本規約もしくは法令に違反する行為、又は違反するおそれのある行為。

    (10) その他、当振興会が不適切と判断する行為。

  2. お客様に前項各号の行為があった場合、本サービスの利用をお断りする場合があります。

第6条(免責事項)

  1. 本サービスのご利用は、全てお客様の責任において行われるものとし、当振興会は、本サービスの内容及びお客様が本サービスを通じて取得する情報等の完全性、正確性、確実性、有用性等について、いかなる保証も行わないものとします。
  2. 当振興会は、本サービスの中止、中断、変更もしくは廃止、本サービス提供の遅滞、又はその他本サービスに関連して発生したお客様又は第三者の損害について、一切責任を負わないものとします。
  3. 当振興会は、本サービスの運用にその時点での技術水準を前提に最善を尽くしますが、情報の漏洩、消失、他者による改ざん等の防止の保証はいたしません。
  4. 当振興会は、本サービスにより販売されるチケット等の販売数量が全てのお客様の購入希望を満たすことを保証するものではなく、また、本サービスにより販売されるチケット等に記載された内容が真実であること(記載どおりに興行されることを含みます)についていかなる保証も行わないものとします。
  5. 本サービスにおいては、電子メールの不達・誤達・遅達等のトラブルについて、当振興会は一切責任を負いません。
  6. 本サービスにおいては、チケット代金の決済及びチケットの配送に際して生じたトラブルについて、当振興会は一切責任を負いません。

第7条(著作物等の利用)

お客様は、当振興会又は権利者の許諾を得ないで、いかなる方法においても、本サイトを通じて提供される情報、画像又はファイルについて、著作権法で定める個人の私的利用の範囲を超えて、使用することはできないものとします。

第8条(お客様への通知方法)

  1. 当振興会からお客様に対する通知は、本サイトでの掲示又は電子メールその他当振興会が適当と認める方法により行うものとします。
  2. 前項の通知が本サイト上の掲示により行われる場合、当該通知が本サイト上に掲載されお客様がサイトにアクセスすれば当該通知を閲覧することが可能になった時をもってお客様への通知を完了したものとします。

第9条(問合せ等)

  1. お客様からの本サイトにおけるサービスに関する質問、クレーム等については、当振興会が、所定の方法により受付けるものとします。
  2. 前項に定める質問、クレーム等への回答は、当振興会は、自己の判断により、電話、又は電子メール等適切な方法により行うものとします。

第10条(各サービスの利用料金)

  1. お客様は、利用料金等に関わる消費税その他取引に伴い賦課されるすべての税及び関税を負担するものとします。
  2. 利用料金等の支払いについて、クレジット会社、収納代行会社、金融機関等で別途利用条件、支払条件、利用限度額の設定等の規定がある場合には、それらに従うものとします。
  3. お客様と当該クレジットカード会社、収納代行会社、金融機関等との間で紛争が発生した場合は、当該当事者間双方で解決するものとし、当振興会は一切の責任を負わないものとします。

第11条(個人情報の取り扱い)

当振興会は、お客様の個人情報を別途定める「プライバシーポリシー」に基づき取り扱うものとし、お客様は、本同意条項に同意するものとします。

第12条(使用言語)

本利用規約及び個別規定等本利用規約に関する規定は、すべて日本語をもって正式言語とし、これらに基づく通知その他の意思表示における使用言語は、日本語とします。

第13条(準拠法)

本規約の成立・効力・履行及び解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

第14条(管轄裁判所)

  1. 本サービスに関連して、お客様と当振興会との間で紛争が生じた場合には、双方誠意をもって協議の上解決するものとします。
  2. 協議をしても紛争を解決できない場合には、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第15条(附則)

本規約は2007年5月20日(10時)より発効するものとします。

2014年3月31日(10時)一部改正、同日実施

こちらの項目もご覧ください。

↑ページのトップへ