第19回夏休み特別企画/親子で楽しむ演芸会「よくあるご質問」

演芸会トップへ

演芸ってなあに?

テレビがない時代からずっと続いている、みんなのお楽しみ、それが演芸(えんげい)です。
寄席(よせ)という名前のとおり、落語(らくご)漫才(まんざい)など、寄せ鍋のように色とりどりの笑いがぎっしり詰まった庶民の娯楽なのです。

※ 演芸(寄席)について、文化デジタルライブラリーで詳しく知ることができます。

どんな内容ですか?

日常こどもが接することの少ない演芸を“見る聞く笑う”をテーマに、ご家族・お友達と共に夏休みに楽しんでいただきます。
演芸には、落語をはじめとして、漫才、漫談(まんだん)手品(てじな)紙切(かみき)り、曲独楽(きょくごま)太神楽(だいかぐら)講談(こうだん)浪曲(ろうきょく)、コントなどがあります。
親子で楽しむ演芸会では、寄席についての「おはなし」や「落語」を中心にお楽しみいただきます。
この機会に生の舞台にふれてみませんか?

公演詳細

上演時間はどのくらいですか?途中休憩はありますか?

午後1時開演を予定しております。上演時間は2時間30分~3時間程度になります。
途中、休憩(仲入り)が15分ございます。

演芸を観るのは初めてなのですが…。

落語をはじめとして、演芸は予備知識なくお楽しみいただけますので、どうぞ気軽におでかけください。
この機会に演芸に触れていただくことで、夏休みの楽しい思い出の一つにもなると思います。

親ではなく祖父母でも購入できますか?

お子様と大人の方の組み合わせであれば、ご両親でなくても、祖父母、お友達のご両親でも構いません。
6枚までご予約いただけますので、この機会に皆さんで演芸に触れてみませんか?
※大人のみ、子供のみでの予約はできませんのでご了承ください。

1日早く予約が始まるインターネット予約で売り切れてしまうことはありますか?

インターネット予約、電話予約それぞれ別にお席をご用意しておりますのでご安心ください。

未就学児は入場できますか?

年齢による一律の入場制限は実施しておりませんが、お席が必要なお子様にはチケットをお求めください。
ただし、乳児の泣き声等で公演の進行に支障をきたす場合は、ロビーへの移動をお願いする場合がございます。

演芸場にレストランはありますか?

レストランはありませんが2階ロビー売店にてお弁当やお飲物の販売をしています。
開演前や休憩時間はお席でもお召し上がりいただけます。

 
演芸の詳細へ戻る