個人情報保護について

個人情報保護の概要

 独立行政法人日本芸術文化振興会(以下「振興会」といいます。)は、「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」(平成15年法律第59号。以下「個人情報保護法」といいます。)に基づき、規程、体制等を整備し、個人情報の保護に努めます。

【個人情報とは】

 氏名、生年月日などにより個人が誰であるかを識別することができる情報をいいます。個人の身体、財産などの属性に関する情報も、氏名と一体となっていれば、「個人情報」に当たります。

【個人情報保護法とは】

 個人情報の不適正な取扱いによる個人の権利利益の侵害を未然に防止するため、個人情報の取扱いに当たって守るべきルールを定めた法律です。

1、保有の制限

 個人情報の保有に当たっては、利用目的を明確にしなければなりません。また、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を保有してはなりません。

2、利用目的の明示

 本人から直接書面で個人情報を取得するときは、利用目的を明示しなければなりません。

3、利用及び提供の制限

 原則として、利用目的以外の目的のために、保有している個人情報を利用・提供してはなりません。

4、正確性の確保

 利用目的の達成に必要な範囲で、保有している個人情報が過去又は現在の事実と合致するように努めなければなりません。

5、安全確保の措置

 保有している個人情報の漏えいなどの防止のために必要な措置を講じなければなりません。

6、従事者の義務

 業務に関して知り得た個人情報の内容を、みだりに他人に知らせたり、不当な目的に利用してはなりません。

さらに詳しい情報(日本語)